アイソザイムによるリンゴの分類と遺伝子解析(85)

アイソザイムによるリンゴの分類と遺伝子解析(85)

課題番号1994001281
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の遺伝資源の確保とその手法の開発
中課題果樹遺伝資源の特性調査と評価
小課題アイソザイムによるリンゴの分類と遺伝子解析(85)
摘要電気泳動法によってリンゴ栽培品種および近縁種のアイソザイムを分析し、品種の分類、類縁関係の推定の可能性を探り、さらに遺伝解析への応用を目的とした。本研究においてはリンゴ属植物のうちで単為結果性を示すとされている、Malus hupehensisを用い‘M.9’、‘M.27’と交配を行った実生および珠心胚実生と推定される実生とのバンドパターンを比較した。その結果、パーオキシダーゼおよびエステラーゼにおいてバンドの異同が確認され、珠心胚実生と交雑実生を識別する技術が確立された。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat