カンキツのリモノイド転換酵素遺伝子の単離と解析

カンキツのリモノイド転換酵素遺伝子の単離と解析

課題番号1994001299
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の細胞培養技術の開発と利用
小課題カンキツのリモノイド転換酵素遺伝子の単離と解析
摘要カンキツ類では、形質転換法の確立が進み、遺伝子操作による機能性成分などの付与が試みられている。その1つであるリモノイドについて、遺伝子操作による育種素材の作出が期待されている。普通温州などに含まれる非苦味のリモニングルコシドの形成にはリモニンUDPグルコース転移酵素が関与する。また、リモニンの分解には、リモニン脱水素酵素が関与するほか、ユズ、キンカンでは別の代謝経路で脱苦味することが知られている。これらの酵素遺伝子を単離、解析し、既に形質転換系の確立したカンキツ類に導入し、高品質・高機能の果実育種素材を作成することを目的に研究を行う。
研究分担興津口之津・育種2研育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041921
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat