ホルモン、ホルモンリセプターによる細胞の機能発現(108)

ホルモン、ホルモンリセプターによる細胞の機能発現(108)

課題番号1994001306
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題ホルモン、ホルモンリセプターによる細胞の機能発現(108)
摘要植物ホルモンの刺激を受け、その情報を作用部位に伝達するオーキシン受容体(オーキシン結合タンパク質;ABP)が既にモモの茎頂部から単離されている。この抗体を作成し、免疫電顕法を使ってモモの各組織における細胞内局在性を調べた結果、ABPは細胞壁に特異的に存在するタンパク質であることが明らかになった。特に未熟葉では、表皮細胞の細胞壁における金コロイドの密度が著しく高く、葉肉細胞はわずかしかラベルされなかった。一方、成葉では、表皮細胞と葉肉細胞の細胞壁が同程度ラベルされた。ABPが細胞壁に存在することはウェスタンブロット法によっても確認した。
研究分担育種・育種1研加工適性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041928
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat