果樹の形質転換体作出法の開発(113)

果樹の形質転換体作出法の開発(113)

課題番号1994001311
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題果樹の形質転換体作出法の開発(113)
摘要カキの種子から胚軸を摘出し、2mg/lゼアチンを含み窒素成分を1/2にしたMS培地で培養したところ、約1カ月で不定芽が誘導された。また、培地に25mg/lの濃度のカナマイシンを加えると不定芽形成は完全に阻害された。この系を用いてアグロバクテリウム法によりGUS遺伝子の導入を試みたところ、不定芽が形成され、再分化個体が得られた。しかし、これら再分化個体にGUS活性は認められず、遺伝子の導入は確認されなかった。
研究分担安芸津・育種法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat