リンゴ等寒冷地果樹のゲノム解析のためのDNAマーカーの開発と遺伝子診断(120)

リンゴ等寒冷地果樹のゲノム解析のためのDNAマーカーの開発と遺伝子診断(120)

課題番号1994001318
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H05〜H10
年度1994
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題リンゴ等寒冷地果樹のゲノム解析のためのDNAマーカーの開発と遺伝子診断(120)
摘要果樹の形質を支配する遺伝子はその産物が未知のものが大部分であるが、DNAマーカーと形質を支配する遺伝子との連鎖がわかれば、それを利用して形質遺伝子を分子レベルで解明する糸口をつかむことができるだけでなく、その形質を選抜するための安定したマーカーを得ることができる。従って、今後、DNAマーカーの連鎖地図上に、形質の明らかな標識遺伝子の座位をマップした果樹の遺伝子地図の作成が極めて重要であると考えられる。5年度は試験材料として、‘さんさ’בスターキング・デリシャス’、‘紅玉’×MO−15を選定し、交配と実生の養成を行った。また、RAPD法によるDNAの多型検出のために、約100種のプライマーを試作した。今後多型の検出と遺伝様式の検討を行う予定である。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041940
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat