カンキツのリモノイド系苦味成分の成分育種法の開発(132)

カンキツのリモノイド系苦味成分の成分育種法の開発(132)

課題番号1994001330
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H06
年度1994
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹の交雑育種技術の効率化
中課題果樹の結果樹齢短縮技術の開発
小課題カンキツのリモノイド系苦味成分の成分育種法の開発(132)
摘要5年度は4年度に開発した分析法を用いて、カンキツ数品種の茎のリモノイドの経時的変化を調査した。ほとんど全品種で茎のリモニンは生長に伴ない低下した。品種間差異について検討すると、果汁のリモノイドの多いハッサク、ネーブルオレンジ、スムースセビル及び平戸文旦の茎のリモニンは、果汁のリモノイドの少ないウンシュウミカン、ユズ及びクレメンティンの茎のリモニンより多かった。このように、果汁と茎のリモニンの多少に対応関係が認められたことは、幼苗段階において高リモニンの実生を淘汰できる可能性があることを示しているものと考えられた。
研究分担口之津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041952
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat