気象災害による生産低減要因の解明と制御技術に関する研究(144)

気象災害による生産低減要因の解明と制御技術に関する研究(144)

課題番号1994001340
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題果樹園の生産環境及び樹体栄養の要因解明とその制御
大課題果樹の気象災害の発生機構の解明と防止技術の確立
中課題果樹の風害及び降水異常による被害の発生機構の解明と防止技術の確立
小課題気象災害による生産低減要因の解明と制御技術に関する研究(144)
摘要雲仙火山灰によるカンキツ果皮障害の再現性について、原口早生を用いて検討した。開花期には、灰の直接散布もしくは散水後に灰を散布したため、果皮障害は比較的軽かった。落弁期以降は、灰と水を2:1の比率で混和したものを塗布処理した結果、著しい果皮障害が発生した。特に果径が8〜11mm時に処理した果実の障害が激しく、現地の障害果ときわめて似ていた。果径が20mm以降には果実が肥大するに従い果皮障害の程度は軽くなった。以上のことから、雲仙火山灰による果皮障害は、果径が11mm以下の幼果に降灰とともに小雨があり、火山灰が泥水状となった時により発生しやすいことが明らかとなった。
研究分担口之津・栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041962
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat