リンゴ接ぎ木伝染性病害の病原究明ならびに迅速診断法の開発

リンゴ接ぎ木伝染性病害の病原究明ならびに迅速診断法の開発

課題番号1994001396
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題リンゴ接ぎ木伝染性病害の病原究明ならびに迅速診断法の開発
摘要奇形果病、ゆず果病及び輪状さび果病の病原、ならびに高接ぎ病病原ウイルスの一つであるリンゴステムピッティングウイルスは未だ明確でない。そこで、これらの病害を中心として接ぎ木伝染性病害の病原を探索する。また既に病原が明らかな病害についても、近年、ELISA法より高感度な検定法としてPCRやリボプローブを用いた遺伝子診断法が報告されており、これらによる病原ウイルス(ウイロイド)検出法を開発する。特にゆず果病病原と考えられるウイロイドは樹体内濃度が低いため、従来法では検出が困難であり、早急にその分子構造を明らかにして高感度検出法を確立する必要がある。本課題により、主要なリンゴ接ぎ木伝染性病害の病原が明らかとなり、それらの高感度で迅速な診断が可能となる。
研究分担盛岡・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042018
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat