ナシ輪紋病菌の類縁関係と発病機構の解明(215)

ナシ輪紋病菌の類縁関係と発病機構の解明(215)

課題番号1994001406
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原菌の分類・同定
小課題ナシ輪紋病菌の類縁関係と発病機構の解明(215)
摘要ニホンナシ、セイヨウナシ、リンゴの3樹種を宿主とする輪紋病菌を採取し、柄胞子あるいは子のう胞子の単個分離株を得た。これらをナシ殺菌切り枝上において対峙させた交配試験を、光、温度を変えた数種条件下で継続したが、有性(子のう胞子)世代の形成はいずれの組み合わせでも認められなかった。
研究分担保護・病害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042028
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat