ミカンハモグリガの発生生態の数理的解析

ミカンハモグリガの発生生態の数理的解析

課題番号1994001439
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫の発生生態の解明
中課題果樹害虫の経過習性の解明
小課題ミカンハモグリガの発生生態の数理的解析
摘要ミカンハモグリガはカンキツ地帯に分布し、カンキツ葉に被害を与える害虫である。本種は九州南部や四国南部のミカン園で成虫越冬し、カンキツの発芽と同時に活動を始めると言われている。その後、世代を重ねながら分布域を拡大し、全国的には夏枝から被害が現れ、秋枝の伸長停止期まで加害をする。しかし、越冬地帯から全国のカンキツ栽培地帯への移動など春から初夏にかけての生態は明らかではない。そこで、これまでのトラップ調査等をもとに本種の発生生態を数理的に解析する。6〜7年度は従来のデータの解析と数量化を行い、不足部分を実験等で補い、8〜9年度に電算機を用いた動態モデルを構築する。この結果は本種の発生予察に寄与することができる。
研究分担興津・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat