ゴマダラカミキリの発生と病原糸状菌による死亡過程のモデル化(274)

ゴマダラカミキリの発生と病原糸状菌による死亡過程のモデル化(274)

課題番号1994001459
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫に対する天敵生物利用技術の確立
中課題天敵生物による果樹害虫の防除技術の開発と体系化
小課題ゴマダラカミキリの発生と病原糸状菌による死亡過程のモデル化(274)
摘要発生消長のモデルを設定し、大分県国東町の1991〜93年、熊本県果樹研圃場の1991〜93年、鹿児島果試圃場と垂水市中俣の1993年の羽化(脱出)消長から生息虫数を推定したところ、8例のうち5例は観測値と推定値が比較的一致していた。既往の個体群解析のデータをもとに成虫の移動のパラメータを設定し、園内生存(滞在)率、滞在期間、移動距離を推定したところ、園内生存率と滞在期間については6例のうち4例が観測値と比較的類似した値を示した。しかし、移動距離については半数が一致しなかった。
研究分担口之津・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042081
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat