細胞壁多糖類及び細胞壁分解酵素の解析に基づく果実オリゴ糖の解明(305)

細胞壁多糖類及び細胞壁分解酵素の解析に基づく果実オリゴ糖の解明(305)

課題番号1994001486
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H08
年度1994
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題果実の生理機能発現機構の解明とその応用技術の確立
中課題果実の高機能性成分の素材化技術の開発
小課題細胞壁多糖類及び細胞壁分解酵素の解析に基づく果実オリゴ糖の解明(305)
摘要果実の情報伝達系に関与する糖質成分であるイノシトールリン酸の動態を調べる目的でイノシトールリン酸を特異的に誘導するホスホリパーゼCの測定法について検討した。培養細胞からイノシトールリン酸特異的ホスホリパーゼCを分画した。粗抽出酵素を異なったカルシウム緩衝液中でインキュベートし、遊離したイノシトールリン酸を高速液体クロマトグラフィーで分析定量した。この分析方法によりイノシトールリン酸をnmolレベルで正確に定量できることがわかった。本方法はイノシトールリン酸特異的ホスホリパーゼCの活性測定に通常用いられている放射性物質による分析方法よりも安全かつ簡便であると考えられた。
研究分担育種・育種4研加工適性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042108
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat