果樹園内のフェロモントラップ設置位置によるキンモンホソガの成虫誘引消長の差異(319)

果樹園内のフェロモントラップ設置位置によるキンモンホソガの成虫誘引消長の差異(319)

課題番号1994001499
研究機関名果樹試験場(果樹試)
他機関福岡生産環境研
研究期間継H05〜H06
年度1994
研究問題果樹の研究技術情報のシステム化
大課題果樹病害虫に関する情報利用技術の体系化
中課題果樹害虫の発生予察用具の開発及びモニタリング法の開発
小課題果樹園内のフェロモントラップ設置位置によるキンモンホソガの成虫誘引消長の差異(319)
摘要りんご園内、外縁部及び防風林内に、キンモンホソガの性フェロモン0.003mg含浸の誘引源を中央に置いた粘着トラップを、越冬世代には地上高30cm、以後の世代には150cmに設置し、1週間ごとに誘引数を調査した。その結果、設置場所によって捕獲数に差はあるが、発生のトレンドに差はなかったので、発生消長を把握するためには、いずれの設置位置でも不都合はないと考えられる。しかし、誘引数が多いと調査に多大な労力を要し、トラップの容量を越える誘引数では調査間隔を短縮せねばならないので、誘引数の少ない外縁部か、あるいは防風林内の設置が能率的である。風の影響をあまり受けない防風林内では、開口部の方角が異なるトラップ間で誘引消長が変化しなかったが、外縁では開口部の一方向に偏って捕獲される傾向がやや見られ、誘引は風向に影響されていると思われた。
研究分担盛岡・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042121
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat