カレイ類の初期生活史の解明(42)

カレイ類の初期生活史の解明(42)

課題番号1994005266
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題亜寒帯海域における水産資源の培養および持続的利用技術の確立
大課題海域特性に調和した増養殖生産技術の開発
中課題水産生物の培養・管理技術の開発
小課題カレイ類の初期生活史の解明(42)
摘要カレイ類は北方系水域における主要な産業種であり、種類数も多く、それらの生物的特性も多様である。これらの特性を把握し、評価することにより、増養殖を行ううえでの基礎的知見を得る。本研究では、特に初期生活史に焦点を絞って研究をすすめている。天然のフィールドでは、クロガレイ、ヌマガレイ、トウガレイ、クロガシラガレイ等の発育、成長等を追跡した。実験室では、人工受精卵を飼育して、クロガレイ、ヌマガレイ、マツカワの発育過程を明らかにした。また、マツカワの着底稚魚の飢餓耐性を検討するために、エビジャコによる被食実験を行った。着底稚魚については、底質選択性と潜砂能力についての実験を行い、マツカワ稚魚が砂泥を選択し、全長20mmで潜砂が可能になることが明らかになった。
研究分担資源増殖・浅海育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042149
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat