農業農村のための気象衛星データによる降積雪予測手法の開発(11)

農業農村のための気象衛星データによる降積雪予測手法の開発(11)

課題番号1994002633
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
他機関農環研
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題多雪地農業における克雪技術の確立
大課題多雪地における積雪の制御・利活用技術の開発
中課題降積雪の特性解明
小課題農業農村のための気象衛星データによる降積雪予測手法の開発(11)
摘要降積雪の分布は極めて局地性が高い。そのため、的確な雪害対策の策定、実施、あるいは利雪技術開発を進める上で、局地的スケールの降積雪情報の把握、予測が不可欠である。本研究は、このような数■程度のスケールの降積雪予測手法を開発するため、主として、最近、有望視されるようになってきた気象衛星データの利用法を確立する。特に、経常研究「北陸地域における降積雪の局地的特性の解明」によって、積雪量の点的な推定は可能となったので、本課題はこれを引きついで、面的推定を行うための研究を進める。5年度は、4年度にひき続き、衛星データとの対比に用いるメッシュ気候値を作成し、その利用方法を検討した。また、衛星データ解析アルゴリズムの作成を開始した
研究分担地域基盤・気象資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042189
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat