寒冷地南部向き新形質・超多収品種の育成(45)

寒冷地南部向き新形質・超多収品種の育成(45)

課題番号1994002670
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H01〜H07
年度1994
研究問題北陸平坦水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題寒冷地中南部向き優良品種の育成
小課題寒冷地南部向き新形質・超多収品種の育成(45)
摘要寒冷地南部に適する新形質・超多収品種の育成を目的として、130組合せの交配と127組合せのF1の養成を行った。雑種集団については、47組合せの世代促進を行うとともに、予備展開による組合せ選抜では121組合せから46組合せを選抜、個体選抜では26組合せを展開して759個体を選抜した。単独系統については、600系統から84系統を選抜した。系統の生産力検定試験から予備試験で66系統から17系統、本試験では21系統から12系統を選抜した。選抜系統のうち、有望な4系統にそれぞれ北陸166号、北陸糯167号、北陸168号、北陸169号の系統名を付けた。北陸166号は中生の粉質系統であり、北陸糯167号は中生の巨大胚糯系統、北陸168号は中生の極大粒、極多収系統、北陸169号は中生の糖質系統である。
研究分担作物開発・稲育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042226
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat