水稲子実および培養細胞のアミラーゼに関する品種特性および活性変動に関する研究

水稲子実および培養細胞のアミラーゼに関する品種特性および活性変動に関する研究

課題番号1994002674
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
他機関食総研・素材利用【大坪研一】
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題北陸平坦水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題寒冷地中南部向き優良品種の育成
小課題水稲子実および培養細胞のアミラーゼに関する品種特性および活性変動に関する研究
摘要アミラーゼは米の食味・加工適性に関係する品質要因の一つであると考えられる。本研究は、国内外の遺伝資源の子実および培養細胞を用いてアミラーゼの発現を調査し、品種特性および培養細胞でのアミラーゼ活性の変動について基礎的知見を得ることを目的に行った。品種・系統の玄米からタンパク質を抽出しSDS−PAGEによりタンパク質を分離した後、活性染色法によりアミラーゼ活性を調査した結果、特定のバンドのアミラーゼはその活性の強さに明かな品種間差異が認められた。またインド型品種に固有のバンドが存在した。培養細胞においては、再分化処理によりアミラーゼ活性が高くなることが明らかになった。
研究分担作物開発・育種法研稲育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042230
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat