窒素供給様式を異にする水稲の生育特性の解明(54)

窒素供給様式を異にする水稲の生育特性の解明(54)

課題番号1994002679
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H02〜H06
年度1994
研究問題北陸平坦水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題水稲の低コスト・高位安定生産技術の確立
小課題窒素供給様式を異にする水稲の生育特性の解明(54)
摘要環境保全・持続型稲作の開発を目指して、レンゲ跡地において水稲の不耕起移植栽培を行った。レンゲは刈取り時に地上部に12kg/10アールの窒素を保有していた。しかし、後作の水稲の生育初期の土壌溶液の窒素濃度は1ppm以下と低かったため、水稲の初期生育は化学肥料を基肥とした耕起区に比べ劣った。そのため、耕起区と比べて穂数が約25%、全穎花数が約15%少なかったが、登熟歩合、千粒重および整粒歩合はそれぞれ約20%、5%、10%高かった。不耕起の試験区の中で全穎花数が最も多かったレンゲ刈敷き区の収量は460kg/10アールで、耕起区と同等であった。水稲によるレンゲ由来窒素の利用率を向上することで、水稲の初期生育の改善を図る必要がある。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042235
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat