主要作物の病原菌レース生成機構の解明(73)

主要作物の病原菌レース生成機構の解明(73)

課題番号1994002701
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題北陸平坦水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題水稲の生産環境制御技術の確立
小課題主要作物の病原菌レース生成機構の解明(73)
摘要イネいもち病菌Y90−71(野生株)と3514−R−2(子のう胞子株)との交配によって得られたF1152菌株をイネ13品種に接種し、非病原性株と病原性株の分離比を調べた。交配に用いた両親株がともに病原性を示す農林3号には、全てのF1株が病原性を示した。3514−R−2が病原性を、Y90−71が非病原性を示す八反3号他11品種に対するF1の分離パターンはいずれも同じであり、非病原性株と病原性株が79:73に分離し、その比が1:1(χ2=0.2368、P=0.5−0.7)に適合した。このことから12品種に対するY90−71の非病原性には共通する1個の主働遺伝子が関与していると推察された。両親株がともに非病原性を示す品種K59では、非病原性株と病原性株が124:28に分離し、複数の遺伝子の関与が示唆された。
研究分担水田利用・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042257
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat