大規模直播水田における害虫発生実態の解明と省力的害虫密度推定法の開発

大規模直播水田における害虫発生実態の解明と省力的害虫密度推定法の開発

課題番号1994002707
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間新H05〜H09
年度1994
研究問題北陸平坦水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題水稲の生産環境制御技術の確立
小課題大規模直播水田における害虫発生実態の解明と省力的害虫密度推定法の開発
摘要潤土直播栽培体系は慣行稚苗移植栽培体系にくらべ播種時期が遅く、本田初期の水稲の生育が遅れる。そこで、両栽培型における害虫類の発生の差異とその要因を明らかにしようとした。潤土直播栽培では6月下旬のイネヒメハモグリバエ、7月下旬〜8月中旬のセジロウンカ、8月中旬のイネツトムシおよび8月下旬以降のニカメイガの発生量が稚苗移植栽培に較べて明らかに多かった。また、潤土直播栽培は発芽苗立ち時に落水しているため、畦畔から1〜2mの範囲でケラによる苗の食害が認められた。栽培体系の変化に伴い、害虫類の発生が大きく変動することが明らかになった。
研究分担企連水田利用・総研チーム虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042263
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat