地域生産素材の利用拡大による混合飼料生産・利用技術の確立(89)

地域生産素材の利用拡大による混合飼料生産・利用技術の確立(89)

課題番号1994002719
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題北陸平坦水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における水田高度利用技術の確立
中課題水田生産飼料資源の高度利用による家畜飼養技術の開発
小課題地域生産素材の利用拡大による混合飼料生産・利用技術の確立(89)
摘要稲ホールクロップサイレージ(RWCS)の発酵品質向上技術とRWCSの栄養価の向上を蛋白質の補給の面から検討した。RWCSの発酵品質は0.5から1%のグルコース添加により向上したが、RWCSの開封後の品質安定時間は短くなった。乳酸菌と酵素の単独添加では発酵品質は向上しなかったが、乳酸菌とグルコースまたは乳酸菌と酵素の混合添加により発酵品質は向上した。RWCSの可消化エネルギーと代謝エネルギーおよびエネルギーと窒素の蓄積は、尿素と大豆粕よりもコーングルテンミールをRWCSに混合給与することにより、また混合後の粗蛋白質含量を13%以上にすることにより多くなった。
研究分担水田利用・家畜飼養研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042275
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat