畜舎内の気動および換気が反芻家畜に及ぼす影響の解明(104)

畜舎内の気動および換気が反芻家畜に及ぼす影響の解明(104)

課題番号1994002740
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題北陸中山間・畑・砂丘地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地中山間・畑・砂丘地帯における高生産性農業の確立
中課題積雪地環境下における家畜管理技術の開発
小課題畜舎内の気動および換気が反芻家畜に及ぼす影響の解明(104)
摘要肉用牛の損耗要因として重要と考えられるすきま風の家畜生理機能への影響を検討するため、日本在来種去勢山羊4頭を15℃の室内に入れ、室温と同じ温度の風を直径20cmの円内で風速が2〜3m/秒になるように体の下腹部、わき腹、尾根部及び頭部に4時間感作した。その結果、直腸温は下腹部、わき腹及び頭部への感作でやや上昇する傾向がみられ、感作終了時には感作前より0.4〜0.5℃高い値を示した。これに対して尾根部への感作では約0.4℃低下し、感作部位によって影響が異なった。皮膚温は局所的な風を受ける部分が感作前より7.1〜9.2℃低下し、風の感作を終了すると速やかに回復した。
研究分担水田利用・管理衛生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042296
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat