アフリカの農業生態系調査(ナイジェリア、ニジェール)

アフリカの農業生態系調査(ナイジェリア、ニジェール)

課題番号1994004035
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関農環研【今川俊明】
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産業の地域特性及び技術開発方向の解明並びに情報システムの開発
大課題農林水産業の地域特性及び技術開発方向の解明
中課題アフリカ(サヘル以南)地域の農林水産業の特性及びその技術開発方向の解明
小課題アフリカの農業生態系調査(ナイジェリア、ニジェール)
摘要サハラ以南アフリカにおける天水農業の生態系に関する現地調査を行った。年平均降水量500mm以下のサヘルサバンナでは、bush−fallowを含む移動耕作様式のもとに、短期に収穫できるソルガム、ミレット(トウジンヒエ)を基幹作物とする穀類生産が主体であり、生産性は降水量で変動するため、その軽減が技術開発の目的となっていた。在来の生態系では、Faidherbia albida, Parkia biglobosa、Acasia senegal等の深根性豆科喬木樹種の植生が環境景観、地力維持、食料生産及び、燃料供給等の面で重要な役割を担っていたが、80年代の旱魃や人口増加で減少する傾向があり、砂漠化現象の一面となっていった。早生豆科樹種(Leucaenaなど)を用いた林畑間作のような一種のアグロフォレストリー技術も導入されたが、まだ必ずしも確立した技術体系となっていなかった。
研究分担海外情報・国際情報官
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042303
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat