オーストラリアにおける国際農業研究の調査

オーストラリアにおける国際農業研究の調査

課題番号1994004039
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産業の地域特性及び技術開発方向の解明並びに情報システムの開発
大課題農林水産業の地域特性及び技術開発方向の解明
中課題先進国及び国際農業研究機関における開発途上地域の農林水産業研究動向の解明
小課題オーストラリアにおける国際農業研究の調査
摘要豪州における国際農業研究の調査のため、約30の研究調整機関及び研究機関、大学等を訪問した。豪州は国内に広大な熱帯・亜熱帯地域を持っており、国内の動植物研究、農業研究がそのまま太平洋地域、東南アジア地域における農業研究と密接に関連している。豪州における国際農業研究は、当センターのプロジェクト研究調整部門に相当する豪州国際農業研究センター(ACIAR)によって推進されており、海外派遣研究者・専門家の多くは国立研究機関であるCSIROや大学等から選抜される。CSIROは7000人を越えるスタッフと約3000人の研究者を抱え、6研究所に分かれた33研究部から成っている。研究部は実質研究所としての機能を持っており、この内17の研究部が当センターの研究領域に属する研究を行っていた。熱帯作物草地部、熱帯家畜生産部、家畜生産部、植物生産部などにおいて、遺伝子組換え等のバイオテクノロジー研究が精力的に行われていた。林業部、林産部、園芸部、土壌部、昆虫部等では多くのブランチをもち、遺伝資源の探索と開発途上国における利用に関連した研究が広く行っていた。
研究分担海外情報・国際情報官(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042307
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat