東北タイにおけるコラップス土の力学的特性とその定量化手法の開発

東北タイにおけるコラップス土の力学的特性とその定量化手法の開発

課題番号1994004057
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題農業生産基盤の整備技術と機械作業技術の開発・改善
中課題農業生産基盤の整備技術の開発
小課題東北タイにおけるコラップス土の力学的特性とその定量化手法の開発
摘要AIT(アジア工科大学)におけるこれまでの研究で、Khon Kaen市を中心にRed LoessとYellow Loessと呼ばれる二種類のコラップス土が分布していることが知られている。これらの土を基礎として造られた潅漑施設では、供用後まもなく、かなりの水浸沈下によって重大なダメージを受けている。このような水浸沈下は飽和コラップスと呼ばれている。本研究では、上記二つの土を対象として、外力およびサクションの変化による体積変化およびせん断挙動を明らかにする。そして、その挙動を予測可能な弾塑性モデルを構築する。構築したモデルを用いて、水浸沈下の予測を行い、モデルの妥当性を検討する。また、このモデルを用いた事例解析を行い、潅漑施設、特に小規模ため池構築のための提案を行う。
研究分担環境資源生産利用(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat