マレイシアにおける水稲二期作栽培技術に関する研究(124)

マレイシアにおける水稲二期作栽培技術に関する研究(124)

課題番号1994004060
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関ムダ農業開発公団;四国農試
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題農作物の生産、栽培技術の開発・改善
中課題水田高度利用技術の開発
小課題マレイシアにおける水稲二期作栽培技術に関する研究(124)
摘要マレイシア・ムダ地域における水稲直播栽培の安定化のためには、作期毎に栽培方法を変える必要がある。すなわち、第一作は、倒伏および登熟不良がみられるため、施肥量を抑制した安定栽培が望まれる。一方、第一作に比べ、気象条件の良い第二作は、多肥栽培による多収栽培方法が望まれる。作期に適応した栽培方法により、肥料、薬剤の節減ができ、安定多収栽培が可能となる。また、直播適性に品種間差が認められ、MR84、IR42などが、今後の品種育成のための有効な材料となると考えられた。
研究分担生産利用(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat