インドネシア田畑輪換作における畑作付体系

インドネシア田畑輪換作における畑作付体系

課題番号1994004068
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関農研センター【松尾和之】
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題農作物の生産、栽培技術の開発・改善
中課題畑高度利用技術の開発
小課題インドネシア田畑輪換作における畑作付体系
摘要インドネシアのジャワ島、マドウラ島、およびバリ島において、連作障害や地力維持の視点から作付体系の特徴とその成立要因等を調査した。同地域では、水分供給能によって時系列的な作物配置が決定され、水稲を機軸として、耐干性の強弱によってだいず、らっかせい、とうもろこし等が組み合わされ短期輪作を形成している。このことは、土壌病害虫の発生を抑制する反面、広域的には宿主作物の常在化による飛来性害虫の増殖助長の可能性も考えられた。また、畑作地帯では、間混作・周囲作等が広く行われているが、広い面積を占める主作物と空いている土地を利用して栽培される副作物とが比較的明瞭な形態で存在し、自家消費作物・種子の確保や価格変動に対する危険分散の色彩が強いものと判断された。
研究分担生産利用(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat