マレイシア・ムダ地区における虫害の解析

マレイシア・ムダ地区における虫害の解析

課題番号1994004096
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関九州農試【和田節】
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題農作物加害生物の生態解明と防除技術の開発・改善
中課題有害動物の生態解明と防除技術の開発
小課題マレイシア・ムダ地区における虫害の解析
摘要マレイシア・ムダ地区とセベランペライ地区における近年の稲ウンカ類の発生実態の情報収集と解析を行った。ムダ地区においては近年ウンカ類の発生が増加傾向にある。1991年第2作の大発生の原因として、作期のオーバーラップに起因する第2作早植水田における水田初期のウンカ飛来量の増大と、間作期間中の水田生態系の撹乱があげられた。また、作期後半の立毛中の水田においてウンカ類とその天敵の広範な野外調査を行ったところ、ウンカ類は全く認められず、著しく高密度のCarabidsやCoccinillids等の移動性捕食天敵がみられた。このことから、休閑期においてはウンカ類はムダ地区に全く分布していないものと推察された。
研究分担生産利用(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042364
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat