流出土壌物質の沿岸環境におよぼす影響評価

流出土壌物質の沿岸環境におよぼす影響評価

課題番号1994004133
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題水産資源の保全及び増養殖技術の開発・改善
中課題水質保全技術の開発
小課題流出土壌物質の沿岸環境におよぼす影響評価
摘要熱帯・亜熱帯域では、森林の大量伐採、大規模開発行為等による浸食土壌の海域への大量流出が最も重大な海洋環境問題のひとつとなっている。また、沿岸湿地帯では近年のマングローブ林の乱伐採の結果、汽水域の土壌貯留機能は著しく失われ、浸食土壌が直接海域に流出し、藻場やサンゴ礁に重大な影響を及ぼしている。本研究は、沿岸海域の環境保全技術の確立に資するため、海域への土壌流出の実態と被害状況を把握し、流出土壌物質の沿岸生態系における栄養塩循環に及ぼす影響を解明する。さらに、土壌の輸送、堆積過程の解明とモデル化を行い、熱帯林の破壊と流出土壌が栄養物質循環と生物群集へ及ぼす影響を把握する。
研究分担水産(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042401
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat