アジアにおける持続的農業の実態と成立条件

アジアにおける持続的農業の実態と成立条件

課題番号1994004231
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題開発途上地域における農林水産業の発展方向の解明と総合的生産・流通体系の開発
大課題農林水産業経営における技術の体系化と定着条件の解明
中課題農林水産業の組織的対応と機能の解明
小課題アジアにおける持続的農業の実態と成立条件
摘要発展途上地域において生態系保全及び市場適応型の持続的生産を成立させるには新技術の導入が不可欠である。このため、東部ジャワ田畑輪換作の大豆種子問題を事例に持続性の評価を実施し以下の結果を得た。1.種子として利用可能な量に対する播種量の割合はピーク時に約120%に達している。2.この割合は、雨期生産量の増加(10%)、播種量減少(9kg/ha)、または貯蔵期間延長(30日)によって100%水準に抑制できる。3.約80%に抑制するには上記の諸手段を組み合わせる必要がある。4.貯蔵期間を3倍程度に延長できれば量的には抜本的な改善が図れる。しかし、5.種子の品質向上のためにはポストハーベストに関する研究協力が必要である。
研究分担生産利用(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042499
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat