甘しょの人工交配による育種素材及び育成用種子の作成(44)

甘しょの人工交配による育種素材及び育成用種子の作成(44)

課題番号1994003088
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関野菜茶試
研究期間継S25〜H10
年度1994
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題いも類の優良品種の育成
小課題甘しょの人工交配による育種素材及び育成用種子の作成(44)
摘要春期、秋期2回のキダチアサガオ台木への高接ぎによる人為開花、人工交配により、230組み合わせ、約7万2千粒の種子を得た。このうち6万6千粒を育種研究室に送付し、新品種の育成等に供試する。5年度は接木不親和症などの発生はなく、二重接法などの処理はしなかつた。秋期のキダチアサガオの播種期が台風や大雨で土の準備ができず大幅に遅れ、秋期の交配結果に影響を及ぼし、稔実率が低くなった。
研究分担畑地利用・遺資利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042610
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat