ギニアグラスの形態的特性と繊維成分の関係及びその変動要因の解明(78)

ギニアグラスの形態的特性と繊維成分の関係及びその変動要因の解明(78)

課題番号1994003122
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題牧草・飼料作物の優良品種の育成
小課題ギニアグラスの形態的特性と繊維成分の関係及びその変動要因の解明(78)
摘要GR−77の形態的特性はナツカゼよりも小さかったが、茎数と葉数はナツカゼよりも多かった。葉部割合は生育ステージが進むにつれて低くなったが、両系統ともほぼ同じ割合であり、刈取時にはそれぞれ34%、37%であった。茎当りの葉面積と葉重及び乾物重の増加はいづれの調査時期においてもナツカゼがGR−77を上回った。GR−77は細茎・多茎のStemy、ナツカゼは太茎・少茎のLeafyな形態的特性を示した。茎のOCWは生育とともに高まり、両系統とも刈取時には75%となって品種間差は小さかったが、葉のOCWは節間伸長期以降はほとんど変化せずGR−77のOCW含有率はナツカゼよりも高かった。
研究分担草地・牧草育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042644
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat