暖地型牧草の高品質、多収品種の育成(79)

暖地型牧草の高品質、多収品種の育成(79)

課題番号1994003123
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H05〜H13
年度1994
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題牧草・飼料作物の優良品種の育成
小課題暖地型牧草の高品質、多収品種の育成(79)
摘要トラクタによる踏圧に対して抵抗性を示す選抜3系統の収量性、再生性、酵素法による飼料成分を調査した。GR−154の1番草収量はナツカゼ並みで初期生育の良さを示した。GR−77、PMT、GR−154の3系統は踏圧処理を加えないと合計収量はナツカゼ対比が83〜86であったが、踏圧処理を加えると2番草と3番草の合計収量のナツカゼ対比は220〜245となった。踏圧抵抗性系統では3番草で平方メートル当り250〜350本の茎数が確保されていた。GR−77はCP、OCC、Oaの含有率が低く、PMTはCPとOCCが高かった。GR−154はCPとOCCが低かったもののOaはナツカゼ並みに高かった。
研究分担草地・牧草育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042645
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat