かんしょ加工適性の評価(101)

かんしょ加工適性の評価(101)

課題番号1994003151
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の安定多収栽培技術と品質向上技術の開発
中課題農産物の品質向上技術の確立
小課題かんしょ加工適性の評価(101)
摘要かんしょの食味決定要因として最重要と思われる糖組成、並びに加工特性として注目されるカロテノイド含量を対象に、品種・栽培環境間の差異を検討した。栽培条件による蒸しいもの遊離糖類の変動を調査したところ、果糖(Fru)、ぶどう糖(Glc)では絶対量も少なく顕著な差異はなかったが、しょ糖(Suc)、麦芽糖(Mal)では堆肥施用によって低下した。54品種・系統を用いて遊離糖類の変異を調査したところ、■現在市販されている通常の糖組成のもの、■蒸しいもでMalを生成しない低糖のもの及び■比較的高含量のFru、Glcを含むもの、の3グループに分類できた。橙黄肉色の22品種・系統のカロテノイド組成は、品種を問わず大部分がβ−カロテンで占められていた。
研究分担作物開発・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042673
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat