牛における卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌調節機構の解明(105)

牛における卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌調節機構の解明(105)

課題番号1994003155
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S62〜H08
年度1994
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題主要家畜の生産能力向上及び繁殖技術の開発
中課題家畜の繁殖性向上技術の開発
小課題牛における卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌調節機構の解明(105)
摘要過剰排卵処置牛の卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌の調節機序を明らかにする目的で、過剰排卵処置時の末梢血中インヒビン濃度の変化と、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の投与に対するFSHの分泌反応(下垂体の反応性)を検討した。実験群(n=4)には、ウマ絨毛性性腺刺激ホルモンとプロスタグランディンF2α(PG)によって過剰な卵胞発育を誘起した後、GnRHを250μg投与した。対照群(n=4)には、PG投与後にGnRHを250μg投与した。その結果、過剰排卵処置群では、対照群に比較して血中インヒビン濃度の顕著な(p<0.01)上昇が観察された。一方、過剰排卵処置群のGnRHの投与に対するFSHの分泌反応(下垂体の反応性)は、対照群に比較して有意(p<0.05)に低下した。以上の結果から、過剰排卵処置牛において、高濃度のインヒビンが下垂体レベルで作用し内因性(牛自体)のFSH分泌を低下させているものと推察された。
研究分担畜産・育種繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042677
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat