酢酸型発酵ギニアグラスサイレージの乳牛におけるエネルギー代謝特性の解明(115)

酢酸型発酵ギニアグラスサイレージの乳牛におけるエネルギー代謝特性の解明(115)

課題番号1994003165
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題畜産物の高品質・高付加価値生産技術の開発
中課題合理的飼料給与及び飼養管理技術の確立
小課題酢酸型発酵ギニアグラスサイレージの乳牛におけるエネルギー代謝特性の解明(115)
摘要酢酸型発酵パターンを示した無処理のギニアグラスサイレージとセルラーゼ添加処理(原物あたり0.002〜0.03%)により乳酸型発酵パターンを示したギニアグラスサイレージを乾乳牛に給与して代謝エネルギーの利用効率について比較したところ、両サイレージの間に大きな差異は認められなかった。しかし、酢酸型発酵サイレージ給与時のルーメン内液性状は乳酸型発酵サイレージ給与時に比べて酢酸の比率が高くプロピオン酸の比率が低い傾向にあり、サイレージの発酵パターンによりルーメン発酵が影響されることが示された。したがって、ギニアグラスサイレージを乳牛用飼料として活用する際にはルーメン発酵に及ぼす影響を考慮した飼料設計を行う必要があるものの、添加剤等により乳酸発酵を誘導する必要のないことが明らかとなった。
研究分担畜産・環境生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat