甘しょの栄養特性に基づく土壌管理技術の開発(137)

甘しょの栄養特性に基づく土壌管理技術の開発(137)

課題番号1994003187
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題土壌の保全と環境調和型生産力維持向上技術の開発
中課題土壌における物質循環の制御と土壌保全技術の開発
小課題甘しょの栄養特性に基づく土壌管理技術の開発(137)
摘要青果用品種の栄養特性を検討してその特徴を明らかにした。ベニオトメは高系14号に比べると、■施用窒素よりも土壌由来の窒素利用率が大きい、■K施用効果が大きく塊根の肥大が促進され、上いも重を増収させる。■K含有率が高いとむしいも中のスクロース含有率が低下する傾向が認められ、K栄養は糖濃度と関連性があると考えられる。■ベニオトメは高系14号よりも低K、高スクロースという品種としての特徴を示す等であった。このように甘しょは品種により栄養特性は異なり、N、K栄養は塊根の増収と品質成分に影響し、品種に適合した肥培管理が必要なことを明らかにした。
研究分担生産環境・土壌保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042709
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat