耕うん法の改善による土壌水分および窒素移動制御技術の開発(174)

耕うん法の改善による土壌水分および窒素移動制御技術の開発(174)

課題番号1994003225
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関畜試;東北農試
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題農耕地生態系における環境保全技術の開発
中課題生態系維持型畑生産技術体系の開発
小課題耕うん法の改善による土壌水分および窒素移動制御技術の開発(174)
摘要フィルムマルチ栽培に替わる低コスト・高品質を目指した耕うん法の改善による土壌水分制御技術の開発を目的に研究を行う。5年度は、例年に比べ降雨量が多く、日照時間も少ない気象条件のもとで、以下の結果を得た。■半旬ごとの最高地温は、各区とも大差はないが、最低地温はマルチ区が高く推移する傾向が認められた。■畦上部より60cmでの土壌溶液中硝酸態窒素濃度は各区とも1〜3mg/Lで推移した。■収量は高系14号、ベニオトメで総いも重、上いも重ともに畦表面硬化区>マルチ区>慣行区の順であった。■品質の総合判定は、高系14号、ベニオトメともに畦表面硬化区は、慣行区より優れた。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042747
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat