汎用化水田における野菜作の軽作業化技術の開発(199)

汎用化水田における野菜作の軽作業化技術の開発(199)

課題番号1994003257
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題農産物の品質保持と合理的流通・利用技術体系の開発
中課題農産物の乾燥、調製、貯蔵、流通技術の開発
小課題汎用化水田における野菜作の軽作業化技術の開発(199)
摘要九州の露地野菜特産物である「たかな」について、機械化による収穫作業の軽減化を図るため、栽培・作業および利用の実態調査を行った。その結果、経営面積は10〜50a程度であり、耕耘・整地及び防除作業の外は機械化が進んでおらず、特に収穫作業の機械化が必要と判断された。収穫作業は、株の切り取り・調製、日干し、収集・結束、運搬の各作業からなっている。本年度は小型大豆刈り取り機をベースに、一部改造を加えて株の切り取り試験を行い、主に切断方式の問題点を摘出した。今後は、重作業といわれる収集・結束、運搬の機械化についても検討を加え、たかな収穫作業の軽作業化の研究を進める。
研究分担水田利用・機械化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042779
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat