園芸地帯生産飼料作物の調製・貯蔵利用技術の確立(206)

園芸地帯生産飼料作物の調製・貯蔵利用技術の確立(206)

課題番号1994003265
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題地域農業における高生産性技術体系の確立
中課題九州中部畜産・園芸複合地帯における低コスト粗飼料供給技術体系の確立
小課題園芸地帯生産飼料作物の調製・貯蔵利用技術の確立(206)
摘要ビニールハウス内土壌の過剰塩類の吸収除去及び線虫駆除のため、クリーニングクロップとして栽培された飼料作物の飼料価値について検討した。ハウス内で栽培された飼料作物は、同一肥料水準で露地栽培されたものと比べ、粗蛋白質、可溶性無窒素物等の栄養素は高含量であるが、硝酸態窒素含量が非常に高く、家畜への給与限界である0.22%を超えるため、反芻家畜への単独の飼料としては適していないことが明らかになった。そこで、この対策として、三重のビニール袋による簡易サイレージ化と、小型ベールラッパによるラップサイレージ化を検討し、それぞれ3か月程度の嫌気貯蔵によって硝酸態窒素含量を大幅に低下させることができた。
研究分担企連・総研3
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042787
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat