暖地適応型超省力水稲直播栽培法の技術・経営的評価

暖地適応型超省力水稲直播栽培法の技術・経営的評価

課題番号1994003268
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題地域農業における高生産性技術体系の確立
中課題九州中部畜産・園芸複合地帯における低コスト粗飼料供給技術体系の確立
小課題暖地適応型超省力水稲直播栽培法の技術・経営的評価
摘要今日の稲麦を主体とする土地利用型農業においては、省力・低コスト生産技術体系として、新たな水稲直播栽培技術の開発が求められるとともに、その営農レベルでの定着化が重要な課題となっている。本研究では、新たに開発した水稲直播栽培法の技術・経営的評価を行う。研究計画は次の通りである。まず、大規模水田作経営の技術的特徴及び経営構造を明らかにする。ついで、新直播栽培を組み込んだ水田作生産モデルを策定し、コスト・収益性の評価を行う。さらに、新直播栽培による省力・低コスト生産技術体系の営農定着性の解明を行う。これにより、新直播栽培技術を導入した水田作の省力・低コスト生産モデルと新直播栽培技術の定着条件が明らかになる。
研究分担企連・総研1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042790
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat