移動性害虫の行動習性の解明(212)

移動性害虫の行動習性の解明(212)

課題番号1994003271
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の特性解明
中課題病害虫の生物学的特性の解明及び診断、同定技術の開発
小課題移動性害虫の行動習性の解明(212)
摘要日本とインドシナ半島の亜熱帯、熱帯で採集したトビイロウンカ個体群について、移動能力と密接に関連する絶食耐性について比較した。羽化直後の長翅型成虫を24時間芽出し苗を吸汁させた後、水だけを与えてその後の生存期間を調べた。その結果、九州産及び亜熱帯産のトビイロウンカは熱帯産に比べて絶食耐性が強い傾向が認められた。さらに48時間吸汁させた後の耐性を比較するとその差はさらに拡大した。即ち48時間吸汁させると九州、亜熱帯産のトビイロウンカでは著しく生存期間が延長したが、熱帯産の生存期間は24時間吸汁とほとんど変わらなかった。本種の絶食耐性は羽化後の吸汁活動や卵巣発育と密接に関連していた。
研究分担地域基盤・害虫行動研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042793
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat