ネグサレセンチュウ類主要種の発育特性の解明

ネグサレセンチュウ類主要種の発育特性の解明

課題番号1994003280
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の特性解明
中課題病害虫の生物学的特性の解明及び診断、同定技術の開発
小課題ネグサレセンチュウ類主要種の発育特性の解明
摘要ネグサレセンチュウの発育特性に関する知見は部分的には明らかにされてきたが、この線虫が移動性の寄生様式を持ち、特定の個体の追跡が困難なことから、問題の解明には限界があった。近年、アグロバクテリウムにより誘導された種々の植物の形質転換根(transformed root)が実験系として利用できるようになった。本研究では、これを活用し、ネグサレセンチュウの主要3種(キタネグサレセンチュウ、ミナミネグサレセンチュウおよびクルミネグサレセンチュウ)の発育0点、発育有効積算温度を算出する。これらのデータが得られれば、主要ネグサレセンチュウの年間の世代数、最大密度等が推定でき、総合的な線虫防除法の開発に利用できるものと期待される。
研究分担地域基盤・線虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042802
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat