長距離移動性水稲害虫の被害解析(221)

長距離移動性水稲害虫の被害解析(221)

課題番号1994003284
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間完S63〜H05
年度1994
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の特性解明
中課題作物と病原微生物・害虫・線虫間相互作用の解明
小課題長距離移動性水稲害虫の被害解析(221)
摘要トビイロウンカ個体群による登熟期のイネの被害を定量的に評価しモデル化するために、ウンカ個体群の乾物生産量とイネの乾物損失量との関係、および被害イネの子実生産量の変化を調査した。その結果、ウンカ乾物量とイネの枯死葉乾物量との間には高い正の相関があり、ウンカ乾物がイネ乾物の約2%を越えるとイネ株は枯死した。また、イネ株の乾物重に対する枯死葉の乾物重比と玄米の乾物重比との間にも高い負の相関を認めた。
研究分担地域基盤・情報処理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat