水稲害虫に対する殺虫剤の作用特性の解明と水稲害虫の制御技術の開発(237)

水稲害虫に対する殺虫剤の作用特性の解明と水稲害虫の制御技術の開発(237)

課題番号1994003297
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間延H01〜H08
年度1994
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題物理的及び化学的制御技術の確立
小課題水稲害虫に対する殺虫剤の作用特性の解明と水稲害虫の制御技術の開発(237)
摘要殺虫剤施用後にウンカ・ヨコバイ類の虫数が無施用の場合より多くなる現象は鹿児島離島以南の亜熱帯、熱帯の稲作で高い頻度で生じることが知られているが、温帯では明確でなかった。7月のセジロウンカ第1世代を殺虫剤で防除してウンカ類と捕食性天敵であるカタグロミドリメクラカメの密度推移を調べたところ、両者の多飛来年には9月以降に殺虫剤散布区でトビイロウンカが多発生し少飛来年には殺虫剤の影響ははっきりしなかった。稲品種および数種殺虫剤を組みあわせてウンカ類とメクラカメの密度水準を変えると、セジロウンカとメクラカメの密度は負の相関、メクラカメとトビイロウンカでは正の相関が認められた。本年の結果よりメクラカメのウンカ密度抑制機能が当初の予測より複雑であることがわかっためその解析のため3カ年延長する。
研究分担地域基盤・害虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042819
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat