トウモロコシ遺伝資源の種子増殖と特性評価(253)

トウモロコシ遺伝資源の種子増殖と特性評価(253)

課題番号1994003315
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H05〜H13
年度1994
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題有用遺伝資源の収集・保存・評価
小課題トウモロコシ遺伝資源の種子増殖と特性評価(253)
摘要トウモロコシ遺伝資源の保存と情報管理に資するため、低緯度産の80品種を対象に春播き栽培で1次特性の評価と種子増殖を兄妹交配(シブクロス)法によって行った。しかし、本年は開花期の6月下旬から8月中旬にわたる長雨と度重なる台風襲来のため、晩生品種を中心に12品種で採種ができなかった。また、暖地の晩播栽培に多発する南方さび病などの2次特性の評価を103品種を供試して6月播種による晩播栽培で行った。本試験も台風の直撃を受け、全個体で倒伏あるいは折損が発生し、葉の裂けや枯れ上りも著しく、抵抗性の評価はきわめて困難であった。このため、1次特性に重点を置き、11品種を選定した。
研究分担畑地利用・飼料育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042837
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat