甘しょ遺伝資源からのフザリウム耐病性育種素材の選抜法の開発

甘しょ遺伝資源からのフザリウム耐病性育種素材の選抜法の開発

課題番号1994003320
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関野菜茶試
研究期間新H05〜H08
年度1994
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題有用遺伝資源の収集・保存・評価
小課題甘しょ遺伝資源からのフザリウム耐病性育種素材の選抜法の開発
摘要多くの甘しょ遺伝資源のなかからフザリウム耐病性育種素材を選抜するため、組織培養を利用した効率的な選抜法を開発し、選抜を行う。5年度にはカルス形成のための組織培養法について試験を行ったが、雑菌の混入が多く、培地の組成等を決定できなかった。6年度に培地条件を決定し、7年度以降に種々の甘しょ遺伝資源を用いてフザリン酸耐性の再分化植物体を得る。また、8年度には再分化植物体について圃場検定を行う。
研究分担畑地利用・遺資利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042842
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat