黒潮・親潮前線域における海洋循環の実態把握

黒潮・親潮前線域における海洋循環の実態把握

課題番号1994005293
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継H02〜H07
年度1994
研究問題東北海域における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題水塊構造と変動機構の解明
中課題沖合域における海洋動態の把握
小課題黒潮・親潮前線域における海洋循環の実態把握
摘要県水産試験場とサンマ漁期前調査において共同研究を行い、千島東方海域から混合水域にかけて広域かつ同時的な調査を行った。その結果西部亜寒帯循環域が鉛直密度構造によっていくつかの特徴的な海域に分離されること、オホーツク海からの流出水が北太平洋中層水の起源となっていることを示唆する結果が得られた。また、1994年1−2月に開洋丸によるWOCE−WHP−one time調査に参画し、30゜Nで太平洋を横断するCTD及び酸素の高精度測定を行い、それらの分布を明らかにした。一方、金華山沖の深さ3000mの海底に係留した流速計の観測結果から、2500m深の流れが南北成分では平均1.1cm/s、最大16cm/sの南向きの流れが存在していた。
研究分担海洋環境・海動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042853
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat