東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握

東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握

課題番号1994005337
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題東北海域における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題増養殖技術の確立
中課題貝類被害防除技術の確立
小課題東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握
摘要青森県陸奥湾および東北太平洋岸における平成5年の有毒渦鞭毛藻の発生状況は以下のようであった。下痢性貝毒の原因プランクトンであるDinophysis属のものは、D.fortiiが1月から11月にかけて出現し、最高出現数(cells/l)は陸奥湾で770(7月)、岩手県で440(6月)、宮城県で360(6月)、福島県で40(7月)であった。また、D.acuminataも、1月から11月にかけて出現し、陸奥湾で525(4月)、岩手県で1040(5月)、宮城県で60(6月)、福島県で60(5〜6月)が最高であった。麻痺性貝毒の原因プランクトンであるAlexandrium属のものは、2月から11月にかけて出現し、青森県で440(10月)、岩手県で10140(6月)、宮城県で92(10月)、福島県で420(3月)が最高であった。
研究分担資源増殖・増殖漁研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042897
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat