東北太平洋沿岸域における餌料甲殻類の生産構造の解明

東北太平洋沿岸域における餌料甲殻類の生産構造の解明

課題番号1994005352
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題混合域における生態系の解明と保全
大課題生態系維持機構の解明
中課題生態系の構造と機能の解明
小課題東北太平洋沿岸域における餌料甲殻類の生産構造の解明
摘要砂浜域に多く分布し、ヒラメ幼魚の主餌料であるミツクリハマアミの食性および生残、成長、再生産に及ぼす環境条件の影響を野外調査と室内実験によって解析した。本種は基本的には肉食性であるが小型個体は植食性の傾向が強いことが明らかとなり、成長に伴い食性が変化するものと考えられた。また、再生産には付着珪藻が重要な役割を果たしていることが明らかとなった。本種の低塩分に対する耐性は極めて弱く、河口域にはほとんど分布しなかった。岩礁域の海藻群落中に高密度に分布するカマキリヨコエビでも同様の解析を行った結果、この種は付着珪藻を主餌料にしていることがわかった。岩手県吉浜湾におけるカマキリヨコエビの再生産には一年周期のリズムが認められ、再生産量は夏季から秋季にかけて高く、冬季から春季に低かった。
研究分担海洋環境資源増殖・魚介増殖研生環研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030042912
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat